衝撃を吸収するボンネットの登場

ボンネットはエンジンルームをカバーする部品ですが、最近のボンネットは単にエンジンルームをカバーするだけでなく、歩行者の安全を守る役割を果たすように様々な工夫や改良がなされています。その中の一つが衝撃吸収ボンネットと呼ばれるものです。名前からある程度どのような機能を持っているのか想像できることでしょうが、万一歩行者を跳ねてしまった場合、怪我を最小限にするために、ボンネットが衝撃を吸収できる構造になっています。


 

多くの場合、クルマにはねられてしまった歩行者はボンネットで体や頭を打ちつけます。そのとき命に関わる頭部がボンネットに打ちつける衝撃を緩和させるために、ボンネットの下の部分に衝撃を吸収できる空間を確保しています。そして、ボンネットを開け閉めするヒンジの部分やその他様々な部位にも衝撃を吸収できるように作られています。

また、衝撃吸収タイプとは別に、アクティブボンネットと呼ばれるタイプもあります。こちらはスポーツカーのような車高の低いクルマなどに多く採用されますが、歩行者を跳ねてしまった場合、ボンネット後端部分が持ち上がり、歩行者の頭部への衝撃を緩和します。すべてのクルマにこのような安全が施されているわけではありませんので、歩行者への安全性にも拘るのなら、クルマを選ぶ際にはボンネットの構造がどうなっているのか確認してみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。